支出の減らし方

現在、一人暮らしをしています。

今は、仕事も見つかり、金銭的にはある程度の余裕はありますが、一人暮らしを始め、しばらくしたあと、離職したのですが、その後仕事が、アルバイトすらなかなか見つからず、その時は、本当にピンチな状態でした。

まず、私がしたことは、食費の改善でした。ジムに通っていて、体作りをしていたため、食事の量を減らすことは絶対にしたくはありませんでした。そこで、いかに食事の量を減らすことなく、食費を減らすかというのが、第一の課題でした。

まずは、コンビニでお弁当を買うのをやめ、近所の安いお惣菜屋さんなどで、食事は必ず買うようにしました。また、近所のスーパーのタイムセールスなどもよく利用しました。毎日、似たようなメニューになってしまい、多少キツイ部分はありましたが、そこは我慢しました。

自炊する場合は、お好み焼きが、安く、お腹いっぱいになることができました。インターネットで調べると、お好み焼きの安くすむレシピがたくさん載っているので、そういったものを参考にしました。

それ以外では、毎日飲む缶コーヒをいかに節約するかも悩みどころでした。私は、一日最低3缶は缶コーヒを飲んでいたので、缶コーヒー代は、一ヶ月の出費としてはかなりの痛手でした。しかし、缶コーヒを我慢するというのは、私にはできませんでした。そこで、近所のスーパーの半額セールなどを利用し、安い時に缶コーヒーは買いだめするようにしました。スーパーによっては、自動販売機より半値近く安く売ってるところもあり、かなりの節約になりました。

もともと、物欲もなく、リサイクルショップに売れるような物も、全くなかったため、とにかく出費を減らすしか道がなく、友人からの誘いなども全て断るようにし、どうしても友人と会わなくてはいけないときは、友人なので、素直に現状を話し、安い居酒屋とかで合うようにしてもらいました。

こんな時に限ってと言うのはいけませんが、お葬式が入ってしまうというさらにピンチが押し寄せてきました。お葬式用のセレモニースーツもないし。。お金もないし・・・ネットでなんとか一万円以下のセレモニースーツを見つけることができたので何とか出席することができましたが。。。ちなみにこちらで購入しました・・・http://xn--zckd2a0a8inc8fb.net/

また、当時彼氏がいたのですが、とても、彼氏とのデート費用を捻出することができなかったため、仕方なく彼氏には、出張と嘘をいい、仕事が見つかるまでの間は、なんとかメールのやり取りだけでしのぎました。

私は、仕事が見つかるまでの数ヶ月の間のみでしたが、お金がピンチな状態を、食費、交際費を極限まで減らすことにより、しのぎきることに成功しました。